プロスタッフの引越し単身パックが格安

プロスタッフの引越し単身パックが安くてオススメな理由

単身パックの引越しで安い料金を目指すならプロスタッフがオススメです。プロスタッフの引越し単身パックは単なる安さだけでなく、オススメしたい理由がたくさんあります。

 

荷物量が少ない単身向けの引越し業者選びに迷っているなら、候補に入れて欲しい会社の一つです。

 

 

 

オススメ理由はこちら。

  • 格安料金でたくさん運べる引越し単身パック
  • 引越し業者によるプロ品質の作業
  • 電話ですぐに単身引っ越しの見積もり
  • 土日・祝日でも追加料金無し

 

格安料金でたくさん運べる引越し単身パック

基本料金15.000円(税込)で積み込める荷物量は、大物4点+小物・ダンボール20点程度とたっぷり。大手の単身パック1パックでは載り切らないという方にぴったりの容量です。自転車やベッドなど積みにくい荷物でも問題なく運べるのもプロスタッフ引越し単身パックが格安料金でオススメな理由です。

 

平均的な単身者向けの荷物量を想定したプランですが、これ以上の荷物があったとしても、オーバーした荷物量に応じて追加料金が加算されるので経済的です。1パック追加などにはなりません。(目安は大物1点あたり2,000円)

単身パックで運べる荷物

例) 冷蔵庫・洗濯機・ローボード・布団一組・こたつ・テレビ・電子レンジ・ダンボール10箱程度・衣装ケース3個

 

※その他、移動距離やその他の条件に応じて料金が加算されます。詳細はこちら

 

引越し業者によるプロ品質の作業

プロによる作業

プロスタッフは単身引越し専門なわけではなく、荷物が多い家族引越しも取り扱っています。普段から大きなタンスや冷蔵庫を扱っているので、小さな荷物が多い単身引越しはより安全に運べます。新築マンションの養生作業なども対応可能です。安価なだけでなく作業品質重視の単身専用パックをお探しの方にはオススメできる引越し業者です。

 

単身専門の業者の中には、繁忙期だけ引っ越しを請け負う会社も珍しくありません。料金の安さ重視で引越し業者を決めると、荷物や家屋の破損を招きかねません。

 

見積りがあまりに安すぎて不安という方はぜひ安くて安心なプロスタッフの引越し単身パックにおまかせください。

 

※専用の引越し資材による家具や家電の梱包は標準作業です。

 

電話ですぐに単身引っ越しの見積もり

電話で単身引っ越しの見積もり

単身引っ越しの見積もりを電話ですぐにできるのもプロスタッフの魅力です。独自のポイントシステムにより電話でも荷物量を正確に把握し、確定料金で単身引っ越しを見積もりしてくれます。何社か見積もりは取ったけど予算オーバーで、安い業者を探すためにもっと料金を聞きたい。目安となる相場料金を知りたい。そんな方に便利な引越しの格安単身パックです

 

また他社の営業マンの中には引っ越しの訪問見積もりに来て契約してもらうまでなかなか帰らない人もいます。女性の一人暮らしなどで訪問見積もりは嫌って方にはまさにおすすめ。事前に確定料金が分かり、お客様の申告内容に漏れが無い限り追加料金が発生しません。簡単に見積りできる単身向けサービスをお探しの方にはぴったり。一番安い引越し業者探しに電話見積もりを活用してください。

 

※荷物量が多い場合や特殊な条件を含む引っ越しの場合は訪問見積もりをお願いする場合があります。

 

土日・祝日でも追加料金無し

スケジュール

一見すると安い大手単身パックでの引っ越しも土日や祝日は追加料金によって値段が上がります。プロスタッフの引越し単身パックなら土日や祝日でも平日と同じ格安料金で契約することが可能です。

 

引っ越しの需要が圧倒的に多い、土日や祝日も割安料金で単身パックプランを提供します。

 

※シーズンのパック料金は3,000円UP〜

 

↓一人荷の引っ越しにオススメ格安単身パックはコチラから↓

引っ越し業者探しに一括見積もりはオススメできません

たくさんの引越し業者の中から自分にぴったりで激安の会社を見つけるのに便利なのが一括見積もりサイトです。果たして引っ越しの単身パック選びのために一括見積もりを利用するのは正解なのでしょうか?

 

ここでは一見すると便利な一括見積もりサイトのデメリットをまとめてみました。もし、引越し料金を少しでも安くしたくて利用を考えているなら本内容を見てからにしてください。

 

一括見積もりのデメリットとは

  • 引っ越し業者からの迷惑電話が鳴りやまない
  • 引越しの訪問見積もりに掛かる時間
  • 多くの業者に断るのが大変です

 

引っ越し業者からの迷惑電話が鳴りやまない

迷惑電話に怒り

一括見積もりは情報を送信した瞬間から夜中だろうと仕事中だろうと電話が鳴りやまないという声がネットに溢れています。メールで連絡して欲しいと記載していても、そんなのお構いなし。

 

しかも、電話は各社1回だけでは済みません。他社が引っ越しの見積もりを来たタイミングなどで状況を聞くために1社当たり何度も電話が掛かってきます。朝まで待って連絡できないのは、それだけ競争が激しいからでしょうが、あまりにマナーが無さすぎます。単身世帯であれば連絡先は携帯電話で仕事中にも頻繁に掛かってくるなんてケースもあり得ます。

 

一括見積もりに情報を送信されるのは最大10社。あなたはこの迷惑電話に耐えられますか?

 

引越しの訪問見積もりに掛かる時間

時間が掛かる

一括見積もりではメールだけで見積もってもらえるように思えますが、多くの引越し業者は訪問して荷物の確認後でないと正確な料金を提示してくれません。

 

引っ越しの訪問見積もりに掛かる時間は単身パックなら1社あたり30分程度ですが、5社10社に来てもらうとトータルでは相当な時間になります。引っ越しが決まると様々な手続きに時間を取られます。そんな中にそれだけの時間を確保するのは難しいという人も多いでしょう。

 

そもそも引っ越しにおいて単価が安い単身パックは、頑張ったとしてもそれほど大きな値引きが取れるわけではありません。少額の値引きの為にあなたはそこまで頑張れますか?

 

多くの業者に断るのが大変です

断わりが大変

1社と契約したなら、残りの業者には断らないといけません。実はこれがすごく大変で精神的な負担も大きい作業です。

 

今どきの引越し業者は「他社に決めました」といっても簡単には引き下がりません。他社の条件や料金を詳しく聞き出して、さらなる値引きで契約をひっくり返そうと迫ってきます。

 

少しでも安く引っ越ししたい人にとってはうれしいかもしれませんが「もういい加減にして」と思う人もいるでしょう。ネットでも断り方を指南するページが溢れるほど、このことは大変な作業なのです。

 

果たして一人暮らしの女性や気の弱い男性がきっぱりと断ることができるでしょうか?

 

↓電話で即見積もりの格安引越し単身パックはこちら↓

引越し単身パックを赤帽と比較しました

荷物が少量な単身引越しでは格安の料金設定で人気の赤帽。最安値を目指すなら見積もりを取ることを避けては通れない業者の一つです。ここではプロスタッフと赤帽の単身向けプランの違いを比較しました。

 

単身引越しで運べる荷物量は?

いかに一人暮らしの単身引越しと言えども人によって荷物量は大きく違います。赤帽は主に軽トラを使っていますが、1台で運べる荷物量はプロスタッフの引越し単身パックと大きな違いはありません。

 

ただし、それは引っ越し向けの幌高車を使っていた場合です。荷台が低い標準赤帽車は主に配送用で、場合によっては背の高い家具すら載らないことがあるので注意が必要です。

 

また、荷物が1台で載り切らない場合には、往復しないといけないので時間が掛かり過ぎる場合もあります。引っ越しの単身プランとしては安価なサービスで人気の赤帽ですが、人によってはたくさんの荷物をお持ちの場合もあり、そんな方には不向きかもしれません。

 

引っ越しの作業内容が良いのは?

赤帽の作業内容は当たり外れが大きいと言われています。自分でホームページを持って集客し引越しを中心に営業をしている人であれば、作業に慣れているので問題ないでしょう。

 

しかし、中には引越しが忙しい時だけ仕事を請け負う人が少なからずいます。そういった人に当たった時の口コミの評判は最悪な物が多いです。引越し資材すら持ち合わせてなくて梱包されていないがために荷物が傷だらけなんてことになりかねません。

 

さらに作業員が1名の赤帽は、サービスそのものがお客様の手伝いを前提としている場合があります。女性や肉体労働に自信が無い男性には大物運搬の手伝いは難しいかもしれません。

 

単身引越しの料金が安いのはどちら?

単身引越しの料金が安いのはどちらか気になる方も多いでしょう。標準単身プランであれば、プロスタッフ以上に安い赤帽ですが、作業員1名が前提での料金設定です。また赤帽には距離制と時間制の料金体系があり、時間制の場合だと作業遅延で追加料金を取られる場合があります。何かとお金が必要な時期に予定しない思わぬ出費はつらいものです。

 

赤帽でお得に単身引越しをするためには、最終的な支払いがいくらになるのかを見極める必要があります。

ヤマト、日通との単身パック比較

単身パックと言えば、ヤマト、日通の大手引越し業者サービスを思い浮かべる人も多いでしょう。特にヤマトは元祖単身パックと呼ばれるほど長いサービスの歴史を持ちます。両社とも老舗だけあって手ごわそうです。プロスタッフは果たして大手に勝てるだけのオススメ業者なのでしょうか。

 

単身パックで運べる荷物量は?

両社ともLサイズとSサイズのカゴ台車を使って単身パックの引っ越しを営業しています。しかしLサイズであってもプロスタッフの半分程度の荷物しか運べません。

 

1パックで載り切るほどの荷物であれば、大手単身パックは利用価値が高いのですが、2パック以上の契約となった場合はプロスタッフの引越し単身パックがお得です。特に自転車やベッドなど積み重ねしにくい荷物があった場合にカゴ台車には載り切らないことが多いです。

 

引っ越しの作業内容が良いのは?

ヤマトと日通ともに平均的に高い作業内容を期待できると思って問題ないと思います。赤帽ほどには悪い口コミは見受けられませんでした。単身向けパックでは大きな家具の外吊り作業などもないので、プロスタッフとの差をつけずらいかもしれません。

 

単身引越しの料金はどちらが安い?

ヤマト、日通の大手単身パックで何よりもつらいのは事前に1パックで載り切るかが分からないことです。例え電話で荷物を申告したとしても載るか載らないかの判断はしてくれません。

 

大手引越し業者2社の単身パックの料金が安いかどうかは、事前に自分の荷物量を見極められることが前提となってきます。

 

当日になって2パックになってしまったということもよくある話しです。1パックと2パックでは値段が倍違うので、事前に分からないのはお客様にとって怖いです。逆に1パックに確実に載ると自分で判断できるのなら依頼する価値は高い引っ越しの単身パックと言えるでしょう。

プロスタッフの単身者向けパックはこんな方におすすめ

大学や専門学校への入学で一人暮らしや下宿を始める学生さん。卒業により実家へ帰省される方。
転勤や異動などで、他府県へ転居、単身赴任をされる方。
新社会人として会社の寮やワンルームマンションで一人での新生活を始める方。
費用を安く済ませるために自力で引越ししようと検討している方。
ワンボックスカーでは積み切れない家財をお持ちの方。
2t車は必要ない少ない荷物を引越ししたいと思っている方。

 

上記に該当する方は、お気軽にご相談ください。

拠点・対応地域

プロスタッフの引越し単身パックは以下の対応地域を発地、着地とする場合に承っています。

 

京都本社営業所

住所:〒614-8184 京都府八幡市上津屋八丁27
電話番号:075-983-3751

 

京都府

京都市(右京区、上京区、北区、左京区、下京区、中京区、西京区、東山区、伏見区、南区、山科区)、亀岡市、宇治市、久御山町、八幡市、城陽市、京田辺市、精華町、木津町 他

 

阪神支店

住所: 〒554-0032 大阪市此花区梅町2丁目2-82
電話番号:06-4804-7888

 

大阪府

大阪市(旭区、阿倍野区、生野区、北区、此花区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、西淀川区、東住吉区、東成区、東淀川区、平野区、福島区、港区、都島区、淀川区)、東大阪市、堺市(北区、堺区、中区、西区、東区、南区、美原区)、枚方市、茨木市、吹田市、高槻市、寝屋川市、豊中市、守口市、箕面市、交野市、門真市、河内長野市、岸和田市 他

 

兵庫県

相生市、明石市、赤穂市、朝来市、芦屋市、尼崎市、伊丹市、小野市、加古川市、加西市、加東市、川西市、神戸市(北区、須磨区、垂水区、中央区、長田区、灘区、西区、東灘区、兵庫区)、三田市、宍粟市、高砂市、宝塚市、たつの市、丹波市、西宮市、西脇市、播磨町、姫路市、三木市、養父市 他

 

横浜支店

住所:〒223-0057 神奈川県横浜市港北区新羽町771
電話番号:045-540-0783

 

東京都

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、馬区、足立区、葛飾区 、江戸川区 、町田市、八王子市、日野市、多摩市、稲城市、府中市、国立市 他

 

神奈川県

横浜市(青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ヶ谷区、緑区、南区)、川崎市(麻生区、川崎区、幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)、鎌倉市、藤沢市、大和市、綾瀬市、座間市、海老名市、厚木市、伊勢原市、秦野市、平塚市 他

 

千葉支店

住所:〒263-0001 千葉市稲毛区長沼原町208-1
電話番号:043-307-2511

 

千葉県

旭市、我孫子市、いすみ市、市川市、一宮町、市原市、印西市、浦安市、大網白里市、大多喜町、柏市、勝浦市、香取市、鎌ヶ谷市、鴨川市、木更津市、君津市、佐倉市、山武市、白井市、匝瑳市、袖ケ浦市、多古町、館山市、千葉市(稲毛区、中央区、花見川区、千葉市緑区、美浜区、若葉区)、銚子市、東金市、冨里市、流山市、習志野市、成田市、野田市、富津市、船橋市、松戸市、南房総市、茂原市、八街市、八千代市、四街道市 他

 

トラックの運行状況によってはこれ以外の地域についてもお受けできる場合がございますので、お気軽にご連絡ください。

プロスタッフの引越し単身パックQ&A

プロスタッフの引越し単身パックによくある質問をまとめてみました。

 

引っ越しは日本全国対応できますか?

プロスタッフの単身パック対応エリアは主に東京、神奈川、千葉、大阪、京都です。ただし長距離便の帰り便としてその他の都道府県の引っ越しも受けられる場合がありますので、お気軽にお問い合わせください。

単身引っ越しの見積もりは何日前に依頼すればいいですか?

単身引っ越しの見積もりは繁忙期以外の月であれば20日前くらいにご連絡いただくのが一般的です。トラックの予約や他社との比較を考慮した場合、あまりに直前はおすすめできません。

 

3月4月の繁忙期については遅くとも1ケ月以上にご連絡いただかないとトラックが満車の可能性が高くなります。ただし、急な引越しであってもトラックの空き状況によっては対応可能な場合もありますので、お気軽にお問い合わせください。

ベッドの分解・組み立てはしてもらえますか?

プロスタッフの引越し単身パックではベッドの分解及び組み立ては作業員が対応します。追加料金も必要ありませんので、そのままの状態でお待ちください。

自転車や原付バイクは運んでもらえるの?

プロスタッフの引越し単身パックでは自転車や原付バイクも特に問題なく運べます。ただし原付バイクは運搬中の燃料漏れを防ぐために、できるだけガソリンは使い切った状態にしておいてください。

引越しで使うダンボールはもらえるの?

格安料金で提供するためにダンボールは無料でお渡ししていません。必要な方は別途、販売していますので見積もり時にご連絡ください。

梱包はしてもらえるの?

荷物が少ない単身パックの引っ越しであっても梱包はもちろんのこと、ダンボールの開梱等、一般的な引越し業者にあるサービスは単身用であって対応可能です。仕事が忙しくて荷造りする時間が無い人はご相談ください。

引っ越しの不用品の引き取りはできますか?

一般的な大型ゴミであれば引っ越しの不用品として引き取りが可能です。ただし、生ごみや液体、鉢植えの土、産業廃棄物など引き取ることができないものもあります。

 

また処分したい物が新しい物の場合はリサイクル品として買い取り可能な場合もあります。

追加料金を取られる場合はありますか?

見積もり時に打ち合わせしてない引越しサービス(梱包プランや不要品の引き取り)の依頼や契約内容と実際にお運びする荷物が大きく違った場合に引越し単身パックでの追加料金を請求させていただく場合があります。

 

当日の渋滞による作業時間の遅延などでは引越し費用の追加料金は発生しません。

引越し時に荷物が破損したとき保障してもらえますか?

荷物保険料込みの価格でサービスを提供しています。万が一の事故等でも保険で保障します。

運べない引越し荷物ってあるの?

貴重品、危険物、骨董品、美術品、動植物は引越しの運搬対象外の荷物です。ただし、特に植木鉢などは枝折れなどの危険性を認識してもらった上でお運びさせていただくことはあります。

引越し料金の支払いはいつすればよいの?

近距離の移動であれば、荷物が降ろし終わった後に引越し料金をお支払いいただきます。移動先が他府県に及ぶ長距離便の場合は荷物の積みが完了した時点でお支払いいただきます。

料金支払いにクレジットカードは使えるの?

プロスタッフの引越し単身パックではクレジットカードでの料金支払いが可能です。VISA、JCB、NICOS、American Express等のカードが利用可能です。クレジットカードで支払いをご希望の方は見積もり時にお知らせください。

エアコンの取り外し、取り付けは可能ですか?

単身引越しであってもエアコンの取り外し、取り付けが可能です。提携工事業者による手配の取次ですので引越しスタッフによるエアコンの取り外し、取り付けはできません。あらかじめご了承ください。

単身引越しの荷物の保管は可能ですか?

荷物が少ない単身引越しの荷物保管もプロスタッフでは請負っています。10日単位での課金設定により割安な料金で荷物を保管することができます。

 

現在の住居の退去日と新居への入居日にタイムラグがある人向けにとっても便利なサービスです。

 

↓格安でも丁寧な引っ越しの単身パックはこちら↓

単身引越しを安くするための秘訣

荷物が少ない単身引越しでもやり方次第では引越し料金がとても安くなる場合があります。何かと費用が嵩みがちな引越しをできるだけ安く済ませるためにも、ぜひ以下の方法を実践してみてください。

 

引越し料金が安い時期を選ぶ

単身引越しの見積もり料金に最も大きな影響を与えているのが引越し時期といっても過言ではありません。

 

安い時期に日程変更するだけで、時には半額なんてことも十分にあり得るほど。もし、引越し日に融通が利く立場にいるなら、やらないと損とも言える方法です。

 

一般的には、繁忙期(シーズン)である3月や4月を除く、初旬から中旬までの平日が安い日と言われています。また六曜でいうところの大安や友引などの日柄も引越しをする日としては縁起の良い日とされて特に新築や婚礼などの引っ越しをする際に好まれる人気の日です。

 

安い条件に該当する日を選べば、それだけ引越しの見積もり額も格安になる可能性がぐっと高まります。

 

しかし、単身引越しに特に多い小さな引越し業者は一件のお客様で予定が埋まってしますことも珍しくないため、ここは素直に一番安い日はいつかと相談してみるのが最も効率的な方法です。

 

早めに見積もり依頼をする

特に単身引越しの場合に、直前になって見積もりや予約をしようとする人の割合が多いようです。荷物が少ないからと宅配便間隔なのでしょうが、問い合わせが当日や前日の場合には断られたり、高い見積もりを受ける可能性が高いです。

 

ダンボールをもらい荷造りするための準備期間を考えても、安い見積もりを受ける為には2週間前から1ケ月前には問い合わせをしましょう。繁忙期である3月の月末の土日に引越ししたい場合には、それでも遅い場合があるので気を付けてください。

 

持っていく荷物をできるだけ減らす

契約するトラックが小さくなれば引越し費用は安くなります。さらに転居先が他府県など遠方になる長距離引越しの場合は、距離に応じて見積もり額が高くなるので、荷物を減らすことによる効果は絶大です。

 

ただし、ダンボール箱を一つや二つ減らしたくらいでは、全く見積もり額が変わらないこともあります。ここはトラックの荷台でもスペースを取る家財を減らしましょう。例えば自転車やベッドなどは荷物として嵩張り、新しく買い直したとしても安い場合があるのでおすすめです。

 

不用品としての処分も単に費用を掛けて廃棄するのではなく、リサイクルショップで買い取りしてもらったり、知人に上げるなどすれば費用の節約になります。

 

荷造りは自分でする

引越し業者による荷造りサービスは準備が苦手な人にとっては魅力的ですが、依頼することで費用も高くなります。人件費ベースで考えても荷造りを依頼することで約1.5倍くらいの料金

 

になったとしても不思議ではありません。引越し料金を格安に抑えるためには、できることは自分でやりましょう。

 

ダンボールを自分で用意する

単身引越しでもダンボールを無料でプレゼントをしてくれる業者はたくさんあります。しかし、引越し業者としても経費としてダンボール費用が掛かっているのは間違いなく、また引っ越し用のダンボールは一般的なダンボールよりも頑丈で高価です。自分で用意するからと交渉すれば値引きに応じてくれる引越し業者もあるはずです。

 

もし、あなたが知り合いからダンボールを譲ってもらえたり、近くにあるスーパーやホームセンターでダンボールをもらえる状況にあるなら、引越し費用を安くするために試す価値はある方法です。

 

複数の引越し業者から見積もりを取る

引越し業界の仕事の取り合いは激しく、今では一件のお客様の見積もりに5社10社の引越し業者が呼ばれることも珍しくなくなりました。当然各社は仕事を取るためには値引きをせざるを得なくなります。

 

大手や中小を問わず相見積もりに呼ばれた場合は知名度の低い単身専門の小さな引越し業者は料金勝負で激安の見積もりを出すしかなくなります。

 

もちろん料金以外のサービス面も考慮して契約する引越し業者を決める必要はありますが、複数の業者を呼べばそれだけ引越し料金が安くなる可能性は高まります。

 

プロスタッフ公式サイト:http://www.e-prostaff.com/